「略歴和西暦早見表」をスプレッドシートで管理する(GAS)

Google Apps Scriptを利用して早見表を作成しました。サンプル

Googleスプレッドシート開く→メニューバーの「ツール」→「スクリプトエディタ」

元のコードは全削除。これ↓

ーーーーーーーーーーーーー

function myFunction() {
}
ーーーーーーーーーーーーー
コードをコピペ
// 設定:何年分のデータを作るか
var COUNTDOWN_YEAR = 100;
/** 和暦西暦早見表を作る */
function makeList() {
// 今年を求める
varthisyear = (newDate()).getFullYear();
// 一覧表を配列として作る
varresult = [];
for (vari = 0; i < COUNTDOWN_YEAR; i++) {
varyear = thisyear – i;
varwareki = seireki2wareki(year);
vareto = seireki2eto(year);
result.push([year, wareki, eto, “満” + i + “才”]);
}
// 表に設定する
varsheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
sheet.getRange(1,1).setValue(“和暦西暦早見表 ” + thisyear + “年版★”);
sheet.getRange(2, 1, COUNTDOWN_YEAR, 4).setValues(result);
};
/** スプレッドシートを開いたときにメニューに追加する */
function onOpen() {
varspreadsheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
varentries = [{
name : “表を作る”,
functionName : “makeList”
}];
spreadsheet.addMenu(“自作スクリプト”, entries);
};
// 西暦→和暦への変換
function seireki2wareki(y) {
// 和暦データベース
varwarekiData = [
{gen:”明治”, year: 1868, yearTo:1911},
{gen:”大正”, year: 1912, yearTo:1925},
{gen:”昭和”, year: 1926, yearTo:1988},
{gen:”平成”, year: 1989, yearTo:9999}
];
vargen = “西暦”;
varnen = y;
for (vari = 0; i < warekiData.length; i++) {
varw = warekiData[i];
if (w.year <= y && y <= w.yearTo) {
gen = w.gen;
nen = y – w.year + 1;
}
}
if (nen == 1) nen = “元”;
returngen + “” + nen + “年”
}
// 西暦→干支への変換
function seireki2eto(y) {
vareto_a = [“子(鼠)”,”丑(牛)”,”寅(虎)”,”卯(兎)”,
“辰(竜)”,”巳(蛇)”,”午(馬)”,”未(羊)”,”申(猿)”,
“酉(鶏)”,”戌(犬)”,”亥(猪)”];
returneto_a[(y-1564)%12];
}

コメント

タイトルとURLをコピーしました